鏡開き(鏡割り)をせずに、酒樽を注いで飲む方法
1.上げ底でない樽の場合、樽の一番下にお酒の注ぎ口が付いています。

鏡開き(鏡割り)をせずに、酒樽を注いで飲む方法
2.まず、付属の、注ぎ口の部品を用意します。
部品を一度分解し、軽く差し込みなおします。


鏡開き(鏡割り)をせずに、酒樽を注いで飲む方法
3.樽の下に付いている栓を抜きます。
このとき、抜いたときに日本酒が流れないように、注ぎ口の部分を上にして抜いてください。
鏡開き(鏡割り)をせずに、酒樽を注いで飲む方法
4.栓が抜けない場合は、木槌を使って周りを何度か叩きます。

鏡開き(鏡割り)をせずに、酒樽を注いで飲む方法
5.栓を抜いた後、注ぎ口を差し込みます。

鏡開き(鏡割り)をせずに、酒樽を注いで飲む方法
6.お酒を注ぐときは、注ぎ口の栓を抜き、升に注ぎます。
注ぎ終わったら、注ぎ口に栓をしてください。